肌の構造・浸透テクノロジー

肌の構造

肌の構造、ご存知でしょうか?浸透、表皮、真皮、角質、と言った言葉は最近の化粧品のCMでよく使われるようになって来ました。コラーゲン、ヒアルロン酸と言った美肌成分も馴染みが深い言葉です。が、正確な情報は意外と知られていません。

 

肌の構造

【肌の構造】
皮膚の一番上にあるのが表皮層、その下が真皮層で一番下は皮下組織です。

 

表皮
下から基底層(メラノサイト)、表皮層(有棘層、顆粒層)、表皮細胞、角質細胞、角質層、皮脂膜で形成されています。

 

基底層は表皮細胞とメラニンの生成をします。表皮細胞の生まれ変わりのサイクルがターンオーバーで、これが乱れると肌のバリア機能が低下します。

 

メラニンは外部の刺激から肌を守る働きをしていますが、紫外線で過剰に生成されると肌に残ってしまい、シミの原因となります。

セラミドのラメラ構造

 

角質層は角質細胞間脂質(セラミド)がつくるラメラ構造が肌の水分を保持し、角質細胞をしっかりつなぎとめて肌を守るバリアとして機能しています。

 

真皮
コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、線維芽細胞、基質で形成されています。

 

コラーゲンは弾力のある繊維状の成分です。真皮の中で網目状になっています。それをエラスチンと言う別の繊維が繋ぎ止め肌の弾力を保っています。真皮の約70%をしめ、ゆっくりですが生まれ変わりをしています。

 

ヒアルロン酸は保湿力の高い成分で、コラーゲンやエラスチンの間を埋めています。ヒアルロン酸は真皮にまで届かないと本来の効果を発揮することができません。

 

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す働きをします。

 

真皮の成分が減少、変性してしまうと肌の弾力、ハリ等がなくなり、シワやたるみと言った年齢肌のトラブルを引き起こします。


年齢肌のトラブルに、浸透するビーグレンのサイエンスコスメ浸透するビーグレンのサイエンスコスメで若返り

肌の構造を確認し、浸透テクノロジーを実感記事一覧

若返りを阻むフリーラジカル

ラメラ構造
若返りを阻むのがフリーラジカルの過剰な発生による細胞の分解と生成のバランスの崩れ。フリーラジカルとは一体何でしょうか?肌にどのようなダメージをあたえるのでしょうか。若返りのためには、このフリーラジカルのダメージをどのように防げば良いのでしょうか?自然な老化のほかにも、肌の若返りを阻むフリーラジカルの過剰な発生の要因となるのが紫外線等外部の刺激やストレス、睡眠不足です。フリーラジカルの過剰な発生は肌のバリア機能を低下させ、肌が本来持っている若返りの力を発揮することができなくなります。バリア機能の回復には細胞の活性化を手助けする美肌成分を肌に届けるスキンケアと、紫外線対策、ストレスや睡眠不足の解消...
続きはコチラ

ストレス・睡眠不足とホルモンの関係

睡眠不足が健康に良くないのは誰しもが知っていることでしょう。健康に良くない、つまり肌にも良くないということです。よく言われるのが美肌のためのゴールデンタイム、22時〜2時の間に良質の睡眠を取ることで若々しい健康な肌に若返り出来る、と言うこと。起きているときは血液は脳や体のあちこちを動かすために酸素や栄養を運んでいるのですが、就寝中は体も脳も休んでいるのでさほど血液を送る必要がなく、いわば肌の再生に専念できるためです。このように肌の若返り、ターンオーバーは就寝中に働いているのです。生理的に22時〜2時の間が最も適した時間と言うわけです。>また、若返りにも関連する成長ホルモンが一番分泌されるのも寝...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る