老化・肌への怒りの感情

怒りの感情と老化・肌への影響について

若々しさを保つためにどんなに良い基礎化粧品を使っても、体に良い食事ばかりを摂っていても、あることができていないと意味がないと言われています。

 

そのあることとは、ストレスを溜めないということです。ストレスは目に見えて確認できるものではありませんから、自分でコントロールするのはなかなか難しいものです。

 

しかし、自分の感情はその時その時で察することができるはずです。ストレスが大きく溜まりやすいのが怒りの感情を抱いた時です。

 

イライラが募り、ほんの些細なことでもムカっとしてしまう。このようにすぐ怒りやすいという方はストレスが溜り、負の連鎖で体にも悪影響を与えてしまいます。

 

肌が老化しやすくなるともいわれており、実年齢以上に老けて見えてしまいますので注意が必要です。

 

怒りやすい人は老けやすい?
怒りの感情が現れやすいということは、自律神経のバランスが崩れていることが考えられます。自律神経の働きが乱れると血流も悪くなり、内臓やお肌の健康を維持することが難しくなります。

 

このことから、怒りやすいという認識がある場合は自律神経を整えるように心がけることが大切です。

 

規則正しい生活で若返り
自律神経を整えるために必要なのは、規則正しい生活です。睡眠時間をたっぷりとって休息をして、毎日決まった時間に起きるようにしましょう。

 

太陽の光と共に目覚めることで体内のリズムを整えることもできます。できるだけ体を動かすようにして過ごし、リラックスできる時間をとるようにしましょう。

 

若々しさを保つためにも感情をコントロールできるようになるといいですね。

 

リラックス

*成長ホルモンは身体の運動能力だけでなく、ストレス等にも関係があることがわかってきました。以下のような作用もあるそうです。

 

       エネルギーと忍耐力の増加
       ストレスへの適応能力の増進
       心身の幸福と健康の増進

 

恋とアンチエイジングは関係ある?

恋心

女性は恋をするとキレイになれるとよく聞きますよね。確かに恋愛を楽しんでいる女性は美しくありたいと願い、常に美に対して敏感でいるはずです。

 

実は恋心とアンチエイジングは密接な関係があるのです。

 

恋心を抱くことでアドレナリンなどのホルモンの分泌量が増えると言われています。好きな人の姿を見るだけでときめいた気持ちになれるのはホルモンの影響だといえますね。

 

一番アンチエイジングに効果が期待できるのが、好きな人と一緒に過ごすことでリラックスできるということです。この人と一緒ならなんだかとても安心できると思えるのはリラックス効果を実感できている証拠です。

 

緊張感から解き放たれると心身共にリラックスでき、副交感神経を活発化させることで若返り効果が期待できるのです。

 

恋に年齢は関係ない
恋は独身の方だけでなく、既に結婚をされている方でももちろんできます。パートナー以外の人に恋をするという意味ではなく、特定のパートナーとマンネリ化しないように過ごす工夫をすることが大切なのです。

 

外食

どうしても日々の生活でマンネリ化しがちな方は、週に一回また月に一回でも構わないので外食を楽しんだりしてみましょう。

 

お互いの良いところを褒め合ったりしてもいいですし、マッサージをしてコミュニケーションをとるのもおすすめです。

 

結婚生活がうまくいっている方がキレイな理由は、夫婦仲が良くてお互いに恋心を忘れていないからという理由が考えられます。

 

恋心を忘れずに、いつまでも若々しくありたいものです。


老化・肌への怒りの感情の影響関連ページ

ホルモンの分泌と若返りの関係
成長ホルモンは若返りにも大きくかかわるとされています。成長ホルモンといえば体を成長させるために主に思春期の頃に活発に分泌されるものですが、体の生理機能を高めることもできるからです。ホルモンの種類は色々あり、それぞれが大きな役目を果たしています。

このページの先頭へ戻る