若返りを阻むフリーラジカル

若返りを阻むフリーラジカルの過剰な発生

若返り,フリーラジカル

若返りを阻むのがフリーラジカルの過剰な発生による細胞の分解と生成のバランスの崩れ。フリーラジカルとは一体何でしょうか?肌にどのようなダメージをあたえるのでしょうか。若返りのためには、このフリーラジカルのダメージをどのように防げば良いのでしょうか?

 

自然な老化のほかにも、肌の若返りを阻むフリーラジカルの過剰な発生の要因となるのが紫外線等外部の刺激やストレス、睡眠不足です。

 

フリーラジカルの過剰な発生は肌のバリア機能を低下させ、肌が本来持っている若返りの力を発揮することができなくなります。

 

バリア機能の回復には細胞の活性化を手助けする美肌成分を肌に届けるスキンケアと、紫外線対策、ストレスや睡眠不足の解消が有効です。


美肌成分を肌に届けるビーグレンの浸透するスキンケア浸透するビーグレンのサイエンスコスメで若返り

 

ラメラ構造

肌のバリア機能
肌は表面を皮脂膜で覆い、その下の角質ではセラミド(角質細胞間脂質)という非常に保水力に優れた成分がラメラ構造をつくり、肌を守るバリア機能を果たしています。

 


フリーラジカルとは?

フリーラジカルとは電子をひとつ失った非常に不安定な酸素分子です。失った電子を求めてあちこち飛び回り、近づいた細胞の電子を無理矢理奪い取って傷つけてしまいます。

 

電子を奪われた細胞は新たなフリーラジカルとなり電子を求めて飛び回る…実はこれが消化や吸収と言った行動で常に繰り返されています。

 

健康な体ではフリーラジカルで分解される細胞と、新たに生成される細胞のバランスが取れているので問題はありません。

 

しかし、加齢で細胞の生成が遅れ始めるとフリーラジカルの分解のスピードの方が速くなり、老化が始まってさまざまな肌トラブルと

 

細胞の分解と生成のバランスの崩れ
肌の若返りは細胞が分解され、新しい細胞が生成されて入れ替わるターンオーバーという仕組みで行われています。

ターンオーバーの仕組み

このターンオーバーは、身体や脳が寝ている就寝中に行われています。睡眠不足で肌が荒れたりトラブルを起こしたりするのはこのためです。

 

若いときは約28日で入れ替わるのですが、加齢でだんだん遅くなり、40歳では約40日かかるといわれています。

 

フリーラジカルの細胞分解のスピードに生成のスピードが追いつかなくなり、バランスが崩れるためです。この場合のターンオーバーのサイクルは早くなります。

 

ダメージを受けた細胞を早く入れ替えようと表皮細胞の生成が早くなるからです。しかし、急いで作られた細胞は未熟なため、バリアとして正常に機能することができません。

 

ターンオーバーのサイクルを乱す原因ともなるストレスや睡眠不足は取り除くことが出来るものです。過剰なフリーラジカルを作らないためにも肌の若返りを阻む原因をひとつでも多く取り除きましょう。

フリーラジカルのダメージを阻止する抗酸化物質

フリーラジカルを無害にする物質があります。フリーラジカルでダメージを受けた細胞は「酸化」しています。酸化を防止するのが抗酸化物質です。

 

新鮮な野菜と果物

代表的な抗酸化物質はビタミン、ミネラルです。新鮮な野菜や果物を摂取することでフリーラジカルの攻撃から細胞を守ることができます。

 

抗酸化物質は、フリーラジカルが探しているもう一つの電子を与えることが出来る物質なので、抗酸化物質から電子をもらったふりラジカルは安定して、他の細胞を攻撃しなくなるのです。

 

しかし、体の中に摂りいれてもそれがすべて肌の必要な場所に届くかと言うとそうではありません。体のあちこちに吸収されその一部が肌に回ってくるにすぎないのです。

 

もちろん摂るに越したことはないので、積極的に摂取することは大切です。

 

肌のダメージを修復するにはスキンケアで
一番効果的なのは、何と言っても直接肌に必要な成分を届けることでしょう。しかし優れた保湿効果のあるセラミドやヒアルロン酸、抗酸化作用の高いビタミンCといった成分はほとんどが水溶性です。

 

皮脂膜にはじかれて肌の奥に浸透することができません。ダメージを修復するためには肌の奥に浸透する技術が必要なのです。

 

ビーグレンのスキンケア化粧品は医療レベルの国際特許、浸透テクノロジーを使っています。肌に浸透するサイエンスコスメです。


浸透するビーグレンのサイエンスコスメで若返り

若返りを阻むフリーラジカル関連ページ

ストレス・睡眠不足とホルモンの関係
ストレスでストレスホルモンが分泌され、睡眠不足は成長ホルモンの分泌を抑えます。感情の起伏もストレスに大いに関係するようです。特に怒りの感情はストレスが大きく自律神経のバランスが崩れて内臓や肌に良くないとも言われています。

このページの先頭へ戻る